やせるのもほどほどに・・・。

やせるのもほどほどに・・・こえは怖いなり。
フランス人女優イザベル・カーロ(Isabelle Caro)さんの
拒食症の危険を訴えるポスター、こわいです。



「現実を反映したもの」

 「過激な手段に訴えると、反対する者が必ず出てくる」とトスカーニ氏。さらに、これは人に無意味な衝撃を与えるものではなく、現実を反映したもの」とつけ加えた。
 
 やせ細った女性の裸体の上に「やせ過ぎに“No”」というスローガンが描かれたこの広告は、「NOLITA」がスポンサーとなり08年春夏ミラノ・コレクション期間中の24日に、全国紙レプブリカ(La Repubblica)に掲載された。

 「私の写真を使った広告を拒食症の少女が見たら、『無理なダイエットをやめなければ』と考えるのが普通だ。写真が彼女らに危害を加えることなどあり得ない」



うん、普通に考えればそうだよね、
この写真が魅力的だとはやせるのが好きな人でも思わないでしょう。
そう思いたいけどなあ。

健康にくびれているのが一番です。
posted by ダイエットスピード at 01:54 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。